主に芸能界で活躍するアイドル達

日本のアイドルと言えば、主に芸能界で活躍している可愛らしい女の子達やカッコイイ男の子達の事を指している事が多いです。

また、何人かでグループを組んで活動を行っている方達の場合はアイドルグループと呼ばれ、男性アイドルグループではジャニーズが一般的にアイドルグループとして日本では浸透しており、老若男女に問わず高い人気を誇っています。

芸能界で活躍している人物以外にも、一般人を対象にアイドルという言葉が使用される場合もあります。一般人を対象にアイドルと称される場合の多くは、憧れの存在の人物を指す事が多いようです。

分かりやすく説明しますと、学校や職場などで憧れの的となっている人物を「学校のアイドル」や「職場のアイドル」などと呼び学校や職場の花としてアイドル的存在で注目を集めている人物の事です。

特に、学校などでは必ずアイドルと称されている人物がおり、男女問わずにどの時代にも存在していたはずです。ですが、本来のアイドル(idol)という意味を調べてみますと、現在私達が称している「アイドル」という意味とは異なり、元々は偶像という意味を持っている事が解りました。

偶像とは崇拝や信条、信仰などを対象とした神様や仏様などを絵画や彫刻などで目に見える形として表したものを指しているようです。それが時代と共に変化を遂げ、主にアメリカなどでいつしか人気者を対象に「アイドル」というネーミングで呼ばれるようになっていったようです。

そのような流れでアメリカから「アイドル」というネーミングが日本でも伝わり始めた為、日本の当初の「アイドル」の対象は、日本人の人気のある芸能人を対象にしたものではなく、外国人の人気のある芸能人を対象にしたものが「アイドル」と称されて来ました。ですので、その当時の日本人で人気のある芸能人は「アイドル」ではなく「スター」と呼ばれていました。

日本人の人気のある芸能人が「アイドル」と呼ばれるようになってきたのは1970年代頃からで、その時代は数多くの日本人「アイドル」が誕生しています。時代と共に「アイドル」も変化を遂げていき、現在では様々な「アイドル」たちが存在しています。

昔のアイドルと現在のアイドルを比べますと、見た目は大きく変わってしまったかもしれません。しかし、「アイドル」は多くの人々の癒しであり憧れの的であるという事は今も昔も変わる事はありません。「アイドル」は昔から多くの人々の支えであり、今では無くてはならない存在になっているのです。